知っておきたい防犯対策

防犯のポイント

窓の防犯について

日本は、世界の国々と比較しても、最も治安の良い国の1つに挙げられます。
それは大変誇らしいことですが、過去と比較すると、日本での犯罪率は増加の一途をたどっています。
かつては、玄関や窓に施錠をしないで外出する人も珍しくありませんでしたが、現在では、防犯を意識して生活する必要性が高まっているのです。
特に気を付けたいのが、窓の施錠です。
玄関の施錠は、多くの場合忘れることはありませんが、窓は施錠し忘れることも多く、また侵入者の侵入経路として最も好まれる場所でもあるので、注意しておきたい場所です。
確かな防犯を行うためには、鍵はなるべく1つではなく、2つ設置することが大切です。
さらに、侵入者はガラスを割って入ってくる場合が多いため、ガラスを強化ガラスに変えるなどの工夫も、防犯効果を高めるのに効果が期待できます。
複数のカギと、割れにくいガラスに変えるだけでも、十分な防犯効果が得られると考えられているのです。

家の防犯対策では窓が重要になります

家の防犯対策で最も重要なことは、家に侵入されないことです。
そのためには、泥棒の侵入経路として多い窓に対策する必要があります。
泥棒の場合、一番早く簡単な方法を選びます。
窓から侵入する際には、ガラス破りによる侵入が半分以上を占めています。
泥棒は侵入に時間を掛けると諦めますので、泥棒が開けるのにてこずるようなものを選ぶのが良いでしょう。
防犯を考える上では、二重にしたり割れにくいものにしたり面格子をつけたりすると良いでしょう。
窓を二重にすると一枚の時よりも単純に破り難くなります。
また、断熱性や気密性が上昇することで結露を防いだり防音にもなります。
割れにくい複層ガラスなどにすると、ガラス破りなどがし難くなります。
破片が飛散し難いものを選ぶと、割れてしまった場合でも危険が少なくなります。
面格子は防犯対策がしてあるものを選びましょう。
普通のものでは泥棒は簡単に面格子を外して侵入してしまいますので、役に立ちません。

Favorite


アクリルディスプレイを小ロットから制作できます

最終更新日:2019/6/20

Copyright (C) 2015 知っておきたい防犯対策. All Rights Reserved.